fbpx

アメリカの大学のメソッド

マインドフルネス瞑想の創始者は
ジョン・カバット・ジン氏

TRAFELLが提供しているのは、
ジョン・カバット・ジン氏が開発した8週間のMBSR(マインドフルネス・ストレス低減法)をベースにした瞑想です。
マインドフルネスは、このジョン・カバット・ジン氏がある日のある禅の講義に感銘を受け、仏教の修行法と教えを学び、西洋医学と融合して創始しました。
そして、彼は心の治療として、はじめてアメリカのクリニックにMBSRを導入させました。

その彼のメソッドを直接引き継いでいる機関がブラウン大学。
日々の研究と昨今の脳科学データの検証で、そのプログラム開発を絶えず行っていて、今では不安を軽減するプログラム、8週間のMBCTにまでその領域は広まっています。

今、欧米では空前の瞑想ブーム。
この火付け役はジョン・カバット・ジン氏と言っても過言ではないでしょう。

実際に、Google社においては、この「MBSR(マインドフルネス・ストレス低減法)」の理論をベースにした研修は10年程前から導入されています。

みなさまには本場のマインドフルネス瞑想を体験して頂けるよう、TRAFELLの瞑想はブラウン大学のプログラムに忠実に沿った内容になっています。