fbpx

PROFILE

三枝 英里
Eri Saigusa

トラフェール代表/ウェルネス療法士



1972年生まれ、東京都杉並区出身​
学習院女子短期大学 英語専攻卒業
​LVMHグループ、ケリンググループ(GUCCIディヴィジョン)等、
数々の外資系企業にて人事全般業務を20年間従事
その後、マインドフルに生きることを決意し
2020年7月よりウェルネス療法士として、トラフェール設立

※トラフェール語源は「働く女性を応援したい」思いを込めて、
フランス語のtravailler(トラヴァイエ:働く)、femme(ファム:女性)、yell(エールを送る)の組み合わせから
・現在は、イヤーセラピスト・マインドフルネス瞑想指導者として活動中
​・人事マネージャー時代の障害者プロジェクト担当経験から、障害者支援も積極的に活動中


資格

マインドフルネス系
アメリカ ブラウン大学認定 MBSR講師

・EBTA認定イヤービューティーセラピスト
 



所属

アメリカ ブラウン大学
イヤービューティセラピスト協会


スタートのきっかけ


「人間はどうして生きているんだろう?」
「人間の幸せとは何だろう?」
「働くって何だろう?」

若い頃から、自分に対し常に問い続けていました。
大学を卒業後大手企業に就職、その後アメリカのカリフォルニアに留学、結婚&出産、自分の求めるポジションを手にしてもその答えは出ませんでした。
今思えば、決められたレールに何の疑問もないまま進んでしまった結果。

そして、気づけば人生も折り返し地点!

そんな矢先にMBSRに出会い、8週間のプログラムで内側にDeep Dive!
やっと「自分の内なる声を聞けていなかった」、ということに気づけました。
外側にばかり何かを求めていた過去に後悔。
その後は必死でマインドフルネスを学び、ブラウン大学で認定講師の資格を取得。

昨今は情報化社会。
無意識レベルで周りの情報や環境が私たちの思考や感情に影響を与えています。
些細な判断から大きな決断まで、実はそれらの影響を受けています。

マインドフルネスは無意識でいる時間を減らすための脳科学 x 心理学 x サイエンスベースの「意識」のプラクティス。
私たちは普段脳の10%しか使っていない、と言われており、残りの90%を有効に使えるようにするのがこのMBSRプログラムです。

自分と向かう時間を作ることは、自分を労わることにも繋がっていきます。

仕事に家庭にプライベートに忙しい皆さまにも、ぜひ積極的にご自身への労わり時間を確保し、
いつまでも心もカラダも輝いている状態を継続できるよう、共に歩んでいけたら幸いです。