fbpx

Therapist / Meditator

PROFILE

三枝 英里
Eri Saigusa

トラフェール代表/ウェルネス療法士



1972年生まれ、東京都杉並区出身​
学習院女子短期大学 英語専攻卒業
​LVMHグループ、ケリンググループ(GUCCIディヴィジョン)等、
数々の外資系企業にて人事全般業務を20年間従事
その後、マインドフルに生きることを決意し
2020年7月よりウェルネス療法士として、トラフェール設立

※トラフェール語源は「働く女性を応援したい」思いを込めて、
フランス語のtravailler(トラヴァイエ:働く)、femme(ファム:女性)、yell(エールを送る)の組み合わせから
・現在は、イヤーセラピスト・マインドフルネス瞑想指導者・リンパ講師として活動中
​・人事マネージャー時代の障害者プロジェクト担当経験から、障害者支援も積極的に活動中


資格

・EBTA認定イヤービューティーセラピスト
・日本リンパ協会認定講師
マインドフルネス系
ブラウン大学認定MBSR Trainee
 


所属

イヤービューティセラピスト協会
日本リンパ協会


開業のきっかけ


幼い頃は身弱で特に小学生の頃は週末になる度に身体を壊していました。
体力には自信がないまま社会人を迎えましたが、3年目には肌荒れから始まり、生理不順、やがてホルモンバランスも大きく乱れてしまいました。
心とカラダの繋がりを体験により改めて認識。
その後、あらゆる書籍を読みあさり、「冷え」「生活習慣」「睡眠」に加えて思考をもカラダに影響することがわかり、
日々の暮らしから整えていきました。
その後は、ワーママしながら、海外出張・部下のマネジメントまで経験できるほどの体力に。

未病への意識の高まりは、都内でたまたま「耳つぼ施術」を受けたあと。

40代に入りさらに職責も重くなり、気持ちの面でも体調や気候の変化を受けやすくなり、
何となく心とカラダのバランスの維持の難しさを体感し始めた頃。
実は特段気にかけてはいませんでしたが、施術後は睡眠の質が向上し、
ホルモンバランスも次第により良い状態になっていきました。
カラダのコンディションが整い、人生における大切なタイミングでも適切な選択ができるように。


少しの体調不良への感じ方も鈍化し、忙しさと加齢によるものと見過ごしていた自分に
大きな気づきを与えてくれた機会でした。

そして、何より自分へのケアのさらなる必要性を感じた瞬間でした。

40代・50代は未病対策には特に時間を費やしたいもの。


いつまでも心もカラダも元気で過ごしたい。

仕事に家庭にプライベートに忙しい皆さまにも、ぜひ積極的にご自身への労わり時間を確保し、
いつまでも心もカラダも輝いている状態を継続できるよう、共に歩んでいけたら幸いです。